【知らなきゃ損】まとめ買い・箱買いを安くする節約のコツ

まとめ買い 節約日用品
  • なるべく安く生活費をしたい
  • 特に食費を安くしていきたい
  • 健康的に安く食生活を行いたい
  • 生活にかかる時間的コストを削減したい

このような場合まとめ買いが非常に安くできる方法であることは間違いありません。

しかしこのまとめ買いをちゃんとするのとちゃんとしないのとでは雲泥の差が出てきてしまいます.

逆にしっかりとしたまとめ買いをしなければ生活費が高くなってしまう可能性があります.

まとめ買いをして生活費が高くなってしまって・・・・

やめてしまった方も多いのではないでしょうか.

ちょっとしたまとめ買いのコツを知っていることで、実は普通にまとめ買いをするよりとても安くまとめ買いをすることができます.

今回はそのまとめ買いの骨を皆さんにご紹介したいと思っております.

僕におすすめの一番安くまとめ買いをする方法はこの記事の一番下にあります、とりあえず要点だけ知りたいという方はこのページの一番最後までお越しください。

まとめ買いをする場所をしっかりと選ぶ

まとめ買いをする候補として挙げられるのが、

  • 地元のスーパー、
  • 業務上の食品スーパー
  • カルディナのの会員制スーパー
  • 通販

この中で実店舗であるスーパーなど業務上の食品スーパーなどは、 たまに非常に安い商品が売っております。確かにそのような商品は通販よりお得に買えることが多いのですが、果たしてそれが本当に必要なものでしょうか?安いと思って買ったものも、実はいらないものだったり余計なものだったりする可能性があります。

余計なものをまとめ買いして安く仕入れたとしてもあくまでそれは余計なものであり、 生活に必要なものではありません、生活費を安くするというのが節約の目的ですのでこれでは目的から外れてしまいます。

確かに通販より安いことが多いのですが、まずは本当に自分が欲しいものなのか、器用なものなのかをしっかりとチェックする必要があります。

またカルディなど業務スーパーも安い商品が多いのですが、 ほとんどの家族の平均である四人家族の場合は、 少し使い勝手が悪いのが業務用スーパーやカルディです。またカルディや業務スーパーは買い物は楽しいのですが、かなり買うことに時間がかかってしまいます。

おそらくカルディは家の近くにありません。 車でカルディまで行き、そこで商品を選び、広い店内を歩き回ってやっと会計になります。(さらにこの買い物の途中では色々な誘惑があり余計なものを買ってしまう可能性があります)

買った商品を車に積み込んで家に持って帰りそれを家に入れるところまでが買い物になってしまいます。

どんなに短く見積もったとしても1時間程かかってしまう買い物は、 実は時間的コストが非常に高い行為です。

通販でしたらワンクリックをすれば配達員が自宅に届けてくれます、必要な時間は約3分ほど。

この何倍にもなる買い物時間も使えば、 例えばアルバイトをしたり子供と遊ぶ時間に充てることができます。より有効活用時間をできるのはどちらでしょうか?

どちらがコスパが高い方どうでしょうか?

まとめて買うと安くなるものをしっかりと選ぶ

まず第一にまとめ買いで安くなるものをしっかり選ぶ必要があります。

まとめ買いでお得になる商品とならない商品があります。

その基準はケースで買えるか買えないかということです、

ケースで買える商品の例で言えば清涼飲料水やお酒お菓子や乾物などです。

2ケースで買えないものはチルド商品だったり生鮮食品だったりします。

なるべくケースで買えるものを選択するとまとめ買いが非常に安くなります。

送料を常に計算に入れる

まとめ買いをすると安く商品を買うことができますが、実はかなり大きなメリットとしてあるのが送料を節約できることです

通販は基本的に非常に便利で安く買い物ができるのですが、気をつけないと送料が高く買ってしまい逆に割高になってしまう可能性があります。

小さいものをたくさん頼むと送料だけで数万円ということが起こってしまう可能性があります。

通販をまとめ買いで利用すると、この送料を安く上げることができます。

特にケース買いする場合やダンボールの場合は、二箱まで無料などとてもお得に配送してくれる可能性があります。

また、まとめて買うことによって事業者はそのぶん1回の取引で高い商品を売ることができます。この場合手間のコストが安くなるため、送料無料の特典を付けたり、クーポンを付けてくれたりします。

特に楽天を使う場合は4000円以上の商品であれば基本的に送料が無料になります。

この送料無料の特典は買わない手はないでしょう!

保存方法を考える

まとめ買いをすることによってかなり商品の値段を押されることができます。しかし注意しなければいけない点は、まとめて買ったものが本当に長く食べることができるか持つことができるかということを考えなければいけません。

なぜならまとめ買いをして買った食品が去ってしまったら元も子もないからです。

このような状態に陥ってしまえば結局まとめ買いをしても高くついてしまいます。

そこでしっかりと保存ができる商品を選んでまとめ買いをすることをお勧めします。

まとめ買いでむいていて保存方法が用意な商品の分類は以下のとおりです。

まとめ買いに向いている商品

  • 冷凍食品
  • 乾燥食品
  • 缶詰
  • レトルト食品
  • お菓子
  • カップ麺
  • 清涼飲料水
  • アルコール
  • 日用雑貨

まとめ買いに向いていない商品

  • 生鮮食品
  • 果物
  • スイーツ
  • 乳製品

などになります。

まとめ買いのコストの計算方法を考える

まとめ買いをすることによって基本的に商品を安く買うことができますが、 目に見えないうれしい特典があります。

それが時間的コストの節約です。

買い物は家事と呼ばれる日常的に毎日しなければいけない行動のひとつです。

この買い物の時間前に家大体1時間ぐらいかかっています。毎日1時間1ヶ月で30時間1年間で100時間ほど買い物に私たちの人生の時間は使われています。

さてこの時間約1/100にできるのが通販です。

1/100とまではいかなくても、半分ぐらいまとめ買いをすることによって、非常に安く効率的に買い物をすることができます。

余った時間を 子供と遊ぶ時間や趣味の時間に、もしくはさらに稼ぐ時間にするのはどうでしょうか。

単純に節約するだけではなく、 時間を節約することによってその時間を生産性のある時間に変えることができる。 通販まとめ買いの非常に良い点です。

一番安くまとめ買いする方法

ここからは具体的に一番安く簡単にまとめ買いする方法をお伝えしたいと思います。

まとめ買いの一番賢い方法、

それはズバリ、

Amazon楽天会員になりそこでまとめ買いの通販を行うことです。

あまりに普通すぎてちょっと期待外れだったかもしれませんが、 このサイトを運営するにあたり様々なまとめ買いの通販をした中で、一番のお勧めは一番有名なマーケットプレイスである、楽天か Amazonで商品を買うことです。

以下その理由を説明したいと思います。

まとめ買い商品の競争が熾烈

楽天などアマゾンのマーケットプレイスでは様々な業者が様々な商品を販売しています。各社商品を買って欲しいためにかなりコスト削減をして非常に安い値段で販売をしています。このようなマーケットプレイスは非常に大きな利益を上げれる 競争がとても激しい業界です。

そのため様々なショップはコストの削減に努め非常に安い値段で商品を販売しています。地域にひとつしかないスーパーよりも、何百何千とあるマーケットの中で勝ち抜かなければいけないネットショップは、 コストに非常に敏感です。

また一般的な小売とは違って、商品やショップにレビューがつきます。

商品の質が悪いものを販売することは基本的に出来ません、品質が良く安い物を置く販売することがネットショップの宿命です。

そのためネットショップを使うユーザーでまとめ買いをするようなユーザーは、マーケットプレイスでのまとめ買い商品を買うことは非常にお得であり、損しない通販の方法です。

楽天・アマゾンでまとめ買いすれば決済の手間がない

樂天やアマゾンは基本的に会員登録を済ませてから利用をします。

その中で決済もクレジットカードなどで登録をしなければなりません。

一度登録をしてしまえば、あとはアマゾンと樂天の中のショップではどこで買っても同じ決済手段で買うことができます!

これは地味に便利です。

例えばいくら卸売りが安いからといって、色々な店のHPにいって、個別に銀行振り込みなどをしてしまったら、せっかくお金の節約と時間の節約を目的にまとめ買いをしているのに、手間がかかりすぎてしまい本末転倒でしょう。

樂天やアマゾンはその点でも非常に優秀です!

送料無料ラインを使える

アマゾンはプライム会員になれば、送料無料特典を受けることができますし、翌日配送が可能になります。

また樂天では3900円以上の買い物で送料が無料になります。まとめ買いをすると金額が大きくなるためこの恩恵をしっかりと受けることができます。

送料は地味に高くなり、節約したいもの。

まとめ買いをすることによって、送料のコストも削減できます!

会員特典が優秀。

楽天会員

特に楽天に言えることですが、楽天経済圏の中で生きていく場合は、 非常に多くのポイント優遇制度はあり、大きな買い物であるまとめ買いには特に大きな恩恵があります。

まずは楽天会員になること。

そして楽天カードを作ることによって、単純に5倍ほどのポイントが付くようになります。

さらに楽天モバイル・楽天ひかりなどを登録してもいいでしょう。

基本的にコストがかからないもの、もしくはコストがどうしてもかかってしまうもの、これについては楽天経済圏にすることによって、まとめ買いが非常に安くできることはできます。

プライム会員

Amazon のプライム会員も非常にお得な制度です。

送料無料になったり翌日配送になったりすることもありますが、さらに商品もプライム会員だと安く買うことができます。

特に Amazon カードを作ることによって2パーセントのポイントが帰ってきますので、塵いも積もれば山となる。このような言葉を胸にアマゾンでもカードを使って利用すると非常にお得に買い物することができます。

年間10万円ほど商品を買う場合は、さらに上のゴールドカードにすると良いでしょう。

amazon カード

まとめ買いを安くするコツのまとめ

まとめ買いを安くするコツを今回は記載いたしました!

基本的に、回り道をする必要はありません。

まっすぐ樂天アマゾンを使えば、基本的に安く・便利にまとめ買いをすることができます。

ぜひ以下の情報を利用して、まとめ買いの節約生活に役立ててください!