【驚き!】味まで選べる「マルちゃん正麺」の激安な箱買い・まとめ買い

食品

マルちゃん正麺」といえば

いままでのインスタントラーメンとは違い、まるで生麺のような「食感とのどごし」を実現したはじめての袋入インスタントラーメンです。

今までのインスタントラーメンは良くも悪くも「インスタントラーメンのような」食感や味でした。

どんなにラーメンのタレや出汁にこだわったとしても、乗り越えられないのが「麺」の味わいです。麺の製法は、開発や設備の投資に非常にお金がかかり、時間もかかるため、非常に大きな問題でした。

長年インスタントラーメンはその常識に縛られて、多少の変化はあれども基本的に多くの会社は既存の製法を守ってきました。

しかしマルちゃん正麺はその難しい「麺」の味にフォーカス。長い開発期間を経て「まるちゃん正麺」を発売しました。

その評価は非常に高く、10億食を突破するなど人気はとどまることを知りません。

非常に美味しいまるちゃん正麺ですが、一点だけ問題があります。それは値段の高さです。

とても美味しく毎日食べたい味わいのまるちゃん正麺ですが、そのほかのインスタントヌードと比べると値段が高いのが問題です。

スーパーやコンビニなどにも売っていますが、コンビニは常に値段が高く、スーパーなどでは値段が安定しません。基本期には既存のインスタントヌードルの値段を下回ることがありません。

このような場合は、通販でまとめて買ってしまうのが、値段的にも時間的コストにおいても一番かしこい選択です!

今回は、そのようなおいしい即席めんの「マルちゃん正麺」を激安で、(しかも味を選べて)まとめ買いする最新情報をお送りします!!

※ここからは、まるちゃん正麺についての詳しい説明に入ります。もし商品の安い情報を得たければ、管理人が厳選して選びましたので、下記のリンクをチェックしてみてください。m(__)m

 

まるちゃん正麺とは

2011年11月7日 に「まるで生麺」というキャッチコピーで、東洋水産株式会社から発売即席ラーメンです。

「生麺うまいまま製法」という新たなインスタントラーメンの製法によって、いままでの即席麺にはない「中太の麺ともちもちとした食感」を実現しました。

袋売のインスタントラーメンは、徐々に人気が無くなりつつあったのですが・・・まったく新しい製法とおいしさによって、発売されたと同時に、大人気商品になりました。一時、東洋水産の製造体制が追いつかず、品薄状態になったこともあります。

袋売のラーメンは、間食という位置づけにあったところを、高級感と美味しさを打ち出すことによって、夕食や昼食にも利用でき、手軽に美味しいラーメンが作れることが消費者の支持をえたと言われています。

 

マルちゃん正麺の特徴

マルちゃん正麺の特徴は2つ上げることができます。それは「麺の味・食感」 と「マーケティング」になります。この2種類の特徴が大ヒット商品になることに繋がり、いまでも不動の人気を誇っています。

麺の味・食感

麺のこし

いままでのインスタントヌードルといえば、油っぽくて、麺の容積を減らすため波打った形の物が主流でした。

また即席めんの味といえば。どんな「高級」や「おいしい」をうたっている商品でも、よくある「インスタントっぽい味」を消すことはできませんでした。(管理人は、インスタントラーメンぽさも大好きですが笑)しかし、マルちゃん正麺では、ラーメン屋で食べる麺のような「かんすい」の香りと「麦」の香りがしっかりとします。また麺に適度な噛みごたえがあり、歯ざわりを楽しむことができます。

また「食感」については、いままでの即席麺にあったような波打った麺ではなく、乾麺の状態を丸く整形しており、麺がなるべくストレートになるように工夫がされています。

製造方法である「生麺うまいまま製法」は、一瞬疑わしい名前のなのですが・・・即席麺の業界では、革新的な製造方法として注目されました。

ざっくり言うと、いままでの即席麺のように「麺を蒸す」→「乾燥させる」という工程をなくして、「生麺を直接温風で乾燥」することによって、生麺のような「コシと食感」を実現したといわれています。

筆者も、最初は疑っていましたが、本当に今までのインスタントラーメンとは違う食感に驚きました。

なぜインスタントヌードルは波型なの?

インスタントヌードが波形の理由は、様々な理由があります。

一つはお湯の浸透を早くさせるため、麺同士がくっついてしまうと、麺へのお湯の浸透が遅れてしまいます。麺を波打たたせることによって、四角い即席麺の剛性を高めて麺どうしがくっつくなくさせています。

もう一つは小さなパッケージにより多くの麺を入れるためです。パッケージの輸送費をほんの少しだけ削るだけでも、その小さな積み重ねが非常に大きなコスト削減に繋がります。麺を波打たせることによってパッケージの容量を削減しています、

マーケティング

マーケティング

袋入り即席麺市場は、年々縮小傾向にありました。

その理由は

  • 主なターゲットである若者の数が減っている。
  • 一度、鍋をつかって調理をしなければならないので、カップ麺の方が手軽。
  • カップ麺のように特徴を出すことが困難

などの

あくまで、若者という層の、昼食や間食というターゲットを狙っていたことが、縮小している原因になっていました。

しかしまるちゃん正麺は、「ほんとうにおいし」+「高級感」をだすことによって、

いままでターゲットになり得なかった中高年層、家族層の「食事」を市場に入れることに成功しました。

即席麺 = 若者の食べ物

という価値観を、最初から疑いうことによって

中高年や家族層をねらっていったことに成功の理由があります。

市場から考えるのではなく、「市場を作る」ことを体現した、お手本のようなマーケティングにより、成功を勝ち取りました。

まるちゃん正麺の出汁

麺が美味しくて、出汁が残念な味では総合的な満足度がさがってしまいます。

せっかくインスタント感をなくした麺でもスープにインスタント感がでてしまえばすべて台無しになってしまいます。そこでまるちゃん正麺はスープを粉末ではなく、すべて液体調味料にしました。

粉末のほうがコストがかからず、保存性もすぐれているのですが、マルちゃん正麺は麺の形などをかえることによって液体の調味液を同封することに成功。

生麺のような食感に、生の醤油の風味の豊かさをプラスした、妥協のない味になりました。

マルちゃん正麺の欠点

上記の利点は多くありますが、それと同時に欠点もあります。考えられる欠点をあげてみました。

やはりいちばんのポインとは値段が高いことがあげられます。

量がすくない

麺が中太麺のストレートになったことによって、いままでのような四角い整形をしにくくなりました。

四角い場合は、麺の量が増やすことができるのですが、まるい形の場合は、1パックに入れることができる量は、必然的にすくなくなってしまいます。

また麺自体が太いので、口に運ぶ回数が少なく、なんとなく物足りなさを感じてしまう感じになってしまいます。

値段が高い

高級感を打ち出しているだけあって、他の商品とくらべるとお値段が少し高めです。

最近はプライベートブランドのラーメンなどもでてきて、かなり安く商品を買うことができるので、よりいっそう

値段が高いことによって、なかなか手軽に手を出しにくいものになっています。

 

まとめ

まるちゃん製麺のクオリティーには絶対的な安心感があり、毎日たべてもおいしく食べれる保証があります。

しかし、値段がたかいのでなかなか手がだせないのですが・・・もし激安にお得に買いたいとおもったら通販でまとめて買ってしまうのが一番お得だと思います。ポイントが

たまるし、かさばるラーメンを玄関先までとどけてくれます。

乾麺なので保存がききます。気が向いたら買ってしまいましょう!

★★★★★楽天★★★★★

送料無料 東洋水産 マルちゃん正麺 醤油味 (105g×5食)×6個入 ※北海道・沖縄は配送不可。

 

★★★★★★アマゾン★★★★★★

マルちゃん正麺醤油味 5P×6個